You are my sunshine...

You are my sunshine,only you!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

年の瀬



その時が来ることを受け入れられず、色んな病院を彷徨っていたあの頃からもう一年が経とうとしてるのですね。

結局なんにもしてあげられなかった。


最近もう二度とうさぎさんと暮らすことはできないかも知れないと思うようになりました。
あまりにゆうとの別れが辛すぎて忘れられません。

うさぎと暮らす幸せな日々を知ってるのに。。


来年からは、楽しい思い出を綴れればと思います。

ゆうもそのほうが安心だよね?^_^


今年一年間、暗いブログになってしまいましたが、いつも励ましてくださった皆さん、気にかけて見てくださった皆さん本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
ここにゆうの生きた証を残すことが唯一の心の整理になりました。


皆様も皆様の可愛い相棒さんも元気にまた良い年をお迎え下さい^_^




別窓 | you | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

お迎え記念日

先日1日はお迎え記念日でした。
あの日の事ついこの間のことのように思い出すことができます。

先代がネザーで、やっぱりまたネザーの子と暮らしたい。漠然とそう思って立ち寄ったうさぎ専門店。

店長さん、
あらーそれよりこの子達どう?


私の話そっちのけ笑 で、何故かブルートートの生まれたばかりの兄弟がテーブルに4ウサ。


まだ跳ね方もぎごちないその子達の中で1ウサだけ一生懸命歩いて私達のところへ駆け寄ってきた!

それが有羽との出会いでした。

綿菓子みたいなふわふわ甘そうなうさぎちゃん。

可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて。。

お迎えしてから、
え。この子はうさぎなの?ってくらいおおらかで好奇心旺盛でびっくりの連続でした。


ねぇ有羽。
あの日、私達が出会ったのには必ず意味があるよね。

私の元へ来てくれて本当にありがとう。

有羽と出会えて本当に幸せでした。

私の人生に有羽なしでは考えられない。

今も変わらず毎日有羽のことを思ってるよ。
目を閉じれば有羽に会えるね。


有羽がくれた宝物、大事に大事にしています。ありがとう。


大好きだよ。有羽。
またいつか会えるよね。
会いたいよ。有羽。

大好き。





毎日たくさんの拍手。。びっくりです。
有羽に送ってくださってるんですよね。
私以外にも有羽のこと忘れずにいてくださっている方がいて救われる思いです。
本当にありがとうございます。



別窓 | you | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

月命日

もー五ヶ月経ったんだ。。

まだ目を瞑ると闘病中のゆうの苦しい姿が鮮明に浮かびます。
大きくなった腫瘍のせいで左前足も動かせなくなったゆうの最期。


どうしてゆうがあんなに苦しまなきゃいけなかったの?

辛かったね。
苦しかったね。

今だそんなことばかり思ってしまいます。

私の中では、まだ、ゆうは苦しんでる。

いなくなってしまったことより、ゆうが苦しんでることが辛い。




どうか今はもう痛くありませんように。


大好きだよ。ゆう。
いま どこで どうしてる?



追伸。。。
毎日のようにゆうに拍手くださってる方、ありがとうございます。

ゆうのことおもってくださる気持ちがゆうに届いていますように(*^^*)

別窓 | you | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

さよなら ありがとう

実家の騎士、ハッピーちゃんが26日夜、10歳8ヶ月で旅立ちました。
10年前、私が家を出るときにひとりになる母を心配し、きてもらった子です。

長い間、母を守ってくれました。
ありがとう。


昔、読んだ本を思い出しました。
食べるものがなくなった飼い主の為に食料になるため自ら火に飛び込むうさぎ。

うさぎの潔さ。
うさぎは特別神秘的な存在に思います。



立派な旅立ちでした。



別れは・・・ほんとうにさみしいものですね。

私はもう、嫌です。。。



別窓 | ブログ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

49日



早いもので今日で49日となりました。
まだ部屋もケージもそのままにしています。
49日が来たらきっと片付けようって、思ってました。
なかなか片付けられない自分がいました。
まだケージの奥に供えている牧草がゆうに見え、ハッとするときがあります^^;
まだ、ほんとうにいないのだということが頭ではわかっていても心では受け入れていないのかも知れません。

朝、ろうそくを焚くとき、まだゆうの辛かった闘病中の姿が浮かんでは涙が落ちてしまいます。

考えても仕方のない事とわかっていながら・・・
なぜゆうはあんなに苦しまなきゃいけなかったの?
もしも手術をする選択をしていたらもっと楽だった?

そんなことが頭をよぎるのです。
馬鹿ですね。。


虹の橋と共に雨降り地区のお話もみなさんよくご存知かと思います。
いつかきっと私もゆうの元気な頃の姿を思い出せるようになるでしょう。
ゆうと過ごした6年半はかけがえのない宝物なのですから。

You are my sunshine only you!
こんな私を最期まで愛してくれた私の大切なYou
ほんとうに無邪気で陽気でおっとりしてていとおしい私の太陽だった
私の光となり道標になってくれてありがとう

生きるということの尊さを教えてくれてありがとう

大好きだよ

叶うことならもう一度この手で抱きしめたい

ゆう2


たくさんの拍手ありがとうございました。
ゆうのことを考えてくれる時間を共有してくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。





別窓 | you | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | You are my sunshine... | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。