You are my sunshine...

You are my sunshine,only you!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

うさぎの不正咬合について②



You are my sunshine...


翌日、お迎えにお店へ行ったら、その子の姿はありませんでした。。。
死んじゃった。。。

ミルクタブレットなどで生きていけるはずもない。
小さな命は生まれてたったわずかしか生きられなかった。

残ったグレーの子を私は家に連れて帰りました。
その子が私が初めてうさぎと暮らしたネザーの男の子「SUZU」です。

それから私はペットショップがとても苦手になりました。
私がどんなに思ってもすべての子を救えるわけもなく、
目を逸らし逃げる事しか出来ない。

あれから10年経った今、ホームセンターでの生体の扱いはとても減ったように思います。
このお店も今は用品しか置いていません。
ただそれは、生体に対する見直しではなく、商売として割があわないからという理由なのかもしれません。
しかしながらどんな理由にしろ、間違いなく膨大な命が救われたはずです。





SUZUは幸いにもすくすく成長してくれました。
小さな部屋で駆け回るSUZU。
私はこの子の自由を奪った。
だから絶対この子は何も怖いものを知らなくていい。
幸せいっぱいで育てるんだ。
そう思ってました。


(③につづく)








Android携帯からの投稿






参加しています。
You are my sunshine...

スポンサーサイト

別窓 | you | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<オッサン | You are my sunshine... | うさぎの不正咬合について①>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| You are my sunshine... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。