You are my sunshine...

You are my sunshine,only you!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

うさぎの不正咬合について①

しばらくうさぎについて真面目に語ります(^^ゞ

昔は今ほど、うさぎについての情報が多くなく、先代が病気になった時、今私が参加しています「人気ブログランキング」のうさ飼い様方にたくさんのアドバイスをいただきました。
私がMixiをやめてしまって心残りですがモモ父さんをはじめ、Youが今通ってる病院も、人気ブログランキングで知ったとあるブロガー様にメールで相談にのっていただいて紹介していただいたところです。

また、ウサギ掲示板というHPがあります。(リンクOKかわからないので、URLはのせません)
ここで、管理人の方に何度も何度も何度も相談にのっていただきました。


自分が迷っていたから出来る限りたくさんの情報や経験談を集めました。


うさぎさんは自分で病院へいくことはできません。
決めるのは飼い主です。
これが正しい!という答えもありません。
私がこれからここで書くこともすべてのうさぎさんにあてはまるわけではありません。

でも、自分もそうだったように、決断する為に、
たくさんの経験談とたくさんの意見を知りたかった。


その経験談のひとつとして読んでいただけましたら幸いです。



今こうして思い出してもやっぱり悲しくて涙が出ます。
一生この悲しみは忘れることがないと思います。
しかしその経験があってYouが今ここにいることに感謝します。


Youの前に初めて一緒に暮らしたうさぎがいます。
うさぎを飼おう!と思ってから一ヶ月ほど、うさぎの飼育本を買い漁り、飼育に必要なケージなどを少しずつ買い揃えました。

当時(約10年前)うさぎは今ほどメジャーではなかった気がします。
殆どの飼育本に寿命は5~6年と書かれていました。

うさぎ専門店の存在は知らず、パートナーをさがし歩いたのは、すべて、ホームセンターのペットショップコーナー。
今はホームセンターのペットショップの店員さんは、ペット専門の会社の派遣店員さんが多いですが、私が最初の子を購入したのは、ホームセンターの店員がペットコーナーを見ていた(いわゆる物扱いのペットについては無知な店員さん)ところでした。

そこには明らかに産まれて1ヶ月ほどしか経っていないうさぎが、ネザーランドドワーフと書かれたカゴに二匹一緒に入れて売られていました。

オレンジの男の子とグレーの男の子。
オレンジの子を抱かせてもらうととてもおとなしく、それでも、小さなその子は、ぺろっと抱いている私の手をなめてくれました。
「ご飯は食べていますか?」
店員さんに聞きました。
「まだ小さいからかペレットや牧草は食べれないようで、(店に売っている)ウサギ用のミルクタブレットをつぶしてあげています」
との返事。

・・・大丈夫なんだろうか?
当時、今ほどのうさぎの知識を持っていたら、この子をすぐに病院に連れて行ったかも知れません。

私は、この子を購入し代金を払い、明日(会社が全休の日)迎えにきます。と伝えその日は、家へ帰りました。



(②へ続く)







参加しています。
You are my sunshine...

スポンサーサイト

別窓 | you | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<うさぎの不正咬合について② | You are my sunshine... | ご執心♪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| You are my sunshine... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。