You are my sunshine...

You are my sunshine,only you!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今年も終わり

昨日30日は殆どの病院が最終日ということで、まわってきました。

ゆうの自壊した耳が重いのか?首が90度近く傾いてしまって動きにくい状態になりました。
ケージ内にも耳を置いて休めるようクッションなどを配置しました。
食べてる時は私が耳を支えてあけます。
身体は動くので私を見ると走ってきてとても危なっかしいです。
素人目で自壊したところは切ってあげたいと考えました。

主治医に電話して聞いてみました。
自壊した部分にも癌細胞は生きていて繋がっている。
きることにより、多量の出血や化膿が考えられる。
また細胞を刺激するとまたすぐにできてくる。
それでも生活に支障をきたすので切ってあげたほうがいいのでは?
と伺いました。
切ってみることはできますが。。
それか前回提案したように糸で縛って朽ちて落ちるのを早めては?というお話で休み中考えますと伝え終わりました。
先生は切りたくなぃみたい。。(´・_・`)

その後、レーザーを持ってるチェックしていた病院へ行ってみようと思いゆうの写真を持って出発。

どちらも片道一時間圏内。(方向は真逆ですが)

さて予約不要のI病院に行くも、患畜さんなしでは受け付けないと門前払い(p_-)

もう一軒は予約制なので電話してみると、先生から折り返しご連絡してくださいました。

夜になってしまいましたがS病院へ行ってきました。

結果やはりレーザーでも多量の出血を見込まれ困難とのことT_T
今後骨に転移して溶け食べれなくなるかも。などやや絶望的なお話を聞いて落ち込みながら帰宅しました(p_-)

もう何件病院に聞いてまわっただろう?
そのたびに落ち込み悲しくなる。
つらぃなぁ。。
結局主治医は多くは語らないけども熟知してるなぁって感じます。

30日に行った二件ともエキゾチック専門の科がある病院でした。
S病院はとても親切ではありました。
ティーツリーオイルを処方して頂きましたが、帰って調べてからと思い、Google検索してみると、あんまり芳しくなぃお話も多く。。

つけるのはやめました。

私空回りしてる。。。


そんなこんなで今年ももう終わり。
病院もお休みにはいるのでまた年明けに動きます。

のぞいてくださってる皆様、のぞいてくださってない皆様ももちろん、またその大切なご家族も、みんなで良い年を迎えられますように。
今年も一年ありがとうございました^_^
スポンサーサイト
別窓 | you | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

悩みは尽きない

今日はサプリのお話。

以前ご紹介した霊芝。今もかわらずあげているのですが、正直知恵の限界に^^;
というのは、一度まずいと思ったものは二度と口にしなくなっちゃうのです。
大好物だったりんご、大葉、バナナ、乾燥パパイヤ。。。
霊芝を巻いたり混ぜたりしてあげていたら、たべなくなった(泣)
霊芝なしであげても口にしなくなった(大泣)
このままでは次々食べれないものばかりになってしまう。。
優先順位を考えて、それらに混ぜるのは諦めました。
食べることのほうが大事なので。
今はまるごとりんごという乾燥おやつをスライスして間にサンドしてあげてます。
食べない分は捨てます。食べれる分だけ。。



***現在のゆうのお薬&サプリ***
朝:サンタプロン(スポイト4分の3)
  イペットS(1.5錠)
  霊芝2g

  目の塗り薬
  びわ温灸(最近嫌がって拒否る;;)

夜:イペットS(1.5錠)
  抗生物質(バイトリル50mg)2分の1錠
  霊芝2g

  目の塗り薬
  びわ温灸(同上)

不定期:バッチフラワーレメディ2滴
    ステロイド3分の1錠(不調時)


ピュアサイエンス(身の回り消毒用)
アースリーフウォーター(目の洗浄用)
クラスターアトマイザー(口につけたり、腫瘍部を軽くおさえる)


なにか他にいいかも~?っていうのあったら情報お願いします。。


霊芝の代用として姫マツタケ、リブランを追加予定(注文したばかり)
びわ温灸の変わりに生びわシップ、びわパスタ追加予定(今日びわの生葉が届くはず)

ところで前歯を切ったらまた食欲が出てくれると思ってたのですが、牧草や、生野菜を全く食べなくなってしまいました。。
牧草は調子が悪いときや通院のあとなど、ペレットは食べなくても牧草だけは食べてくれる子だったのに。。
食欲はあり、欲しがって寄って来ます。
腫瘍のある左のもぐもぐに違和感がある感じ・・・
恐れていた、腫瘍の圧迫や臼歯が原因だったら・・・

今はふやかしペレットやうさぎのお団子(MSライフケアと多分同じ)は食べてくれてますので、少しみています。
どうか食欲だけはゆうちゃんから奪いませんように。。。


2008年5月9日 1歳のゆう。まじ天使。1歳からこの貫禄 *^^*
2008050902

200805093

2008050901


br_c_2421_1.gif



別窓 | you | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

追記:通院記録

そういえば、24日のかかりつけにての歯切りの時に、
「M先生のところどうでした?」
っていうお話になりました。
お伺いした旨をお伝えすると、色々また病院について議論致しました^^

先代のときはうさぎを診れる病院をさがすのに大変だったのに今はみなさんみていただけますね。
実は最近はペットに比べ病院が飽和状態だそうで、うさぎをみないとなかなか成り立たないのだそうです。
本当に診てくれるところが増えましたね。というお話しをしました^^
(M先生のところの話ではなく延長上の雑談です)

この地域でも有名どころが何件かあるのですがMやJやSなどからも転院される方もお見えだそうです。
(↑実は密かにチェックしてて行こうと思ってたところの名が・・・^^;)

私はもう何百という肉腫の子を診てきましたから。。。と。(なんか悟ってます?って言ったら悟ってないですよ!とおっしゃってました苦笑)
本当にうさぎさんのことを想ってみてくれるところは何件あるのかしらね~なんておっしゃいながら。

獣医さんとの相性も大事なんでしょうね。

私は先生の何気ないふとした言葉に良くホロリときたりします^^;


実は昨晩、ゆうが行ってしまうんじゃないかっていう感じでぐったりしていて、大泣きしてしまいました。
ずっと撫でながらいっちゃやだ~って泣きながら30分くらぃ・・・

そしたらむくって立ち上がって5mm角くらいに切っておいておいたにんじんを食べ始めました(歓喜!笑)

まだ、このオバチャンは置いていけないねーって思ってくれたのかも。
本当に優しい子。



心の準備・・・しているつもりだったのに、全くできていないことが判明した出来事でした(汗


うちに来てくれた頃のゆう。2007年12月。天使。
人生の岐路、どれほどこの愛らしさに救われたことでしょうか。

このブログの一番始めの記事に書きましたように
出逢った時から別れることは決まっているのです。それが定め。
わかってるんです。
だからこそこんなにもいとおしくて。
許される限りどうか一日でも長くそばにいてほしい。
巻き戻ししてまた何度でも永遠に一緒に暮らしたいと思う私は愚かでしょうか?
20071211
言葉にできないほどいとおしい。。。





br_c_2421_1.gif

別窓 | you | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

通院記録

日にち変わってしまいましたがクリスマスイブにゆうの病院へいってきまし^_^;
だんだんと食が細くなって前歯切って良くなるといいなって願いを込めて。
今日は四時間くらいかかっちゃったのでちょっと心配でした。
体重は2.4キロ変わりなし。
全身状態もお腹の張りもなく気になってた心拍音も聞いた限りでは肺の音も悪くないと。
体表に新たなシコリも見当たりません。
ただ腫瘍のあるほうの目の周りの洗浄お願いしたら毛が抜けてしまいました。
見た目大変な事になってるのと、帰ってから狂ったように痒がりはじめちゃってカラーも付け直したりしてたらこんな時間になっちゃいましたよ(´・_・`)
22日にステロイドあげたばっかりだし投薬はできないのでとてもかわいそうです。
何故急にまた自壊しはじめたのかな。
ストレスも大きく関係するのかもしれません。
良かれと思ってのことでしたが目の洗浄も良くなかったのかも。
おかげで期待した程食も戻らず心配の種が増えました。
もう一週間くらぃ流動食を団子にしてあげています。

年末年始の連休にはいりますし、
事なきを得ますように。。
別窓 | you | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大遠征

かわいいふうくんと、ふうくんのママさんにご紹介いただき、新幹線でトコトコ・・・
M動物病院へ行ってまいりました
有羽はお留守番です。

待合室は別世界でした(驚)
満員の待合室には、はりねずみさん、フェレットさん、小鳥さん、うさぎさん、はむちゃん・・・
エキゾチック病院だから当然なのですけども、見たことの無い光景でした(驚)
有羽の病状の詳細を書いた紙と、細胞診結果と、動画、そして伺いたい事柄を準備して行きました。
院長先生は、私の書いたつたない文章の病状を書いた紙に、私の説明を聞きながら線を引いたり、書き足したりしてとても真剣にお話しを聞いていただけました。

有羽は組織性軟部肉腫の診断がついているのですが、肉腫はうさぎさんに大変多い癌だとおっしゃられました。
ただ、あらゆる箇所に出来る可能性があるので、場所により予後がいい場合と悪い場合があるようです。
有羽のように耳に出来るケースはものすごい数の症例をみておみえになられるであろうM先生も珍しいケースとおっしゃられておりました。
最初の決断が(切除するかしないか)迷われる箇所でしょう。と。

お話しをおまとめすると、
やはりみてみないとわからないけれども耳に腫瘍がとどまっている場合、切除、マージンがとれなかったり、がん細胞が採りきれなかったりしたときはその箇所を切除後放射線治療という選択でした。
再発は十分考えられ都度対処になるでしょう。

完治は望まず長期寛解を目指す方向になると思います。

主治医とほぼ同じ診断でしたが、決定的に違うのは主治医には、切除や放射線治療を望むのであれば、それぞれの専門医に紹介というカタチになるということです。
このそれぞれの専門医とは、うさぎの専門医ではなく放射線、腫瘍、の専門医という意味です。
私が踏み込めなかったのもそこにあり、信頼しております主治医にならあるいは積極治療へ進んだかもしれませんが。。。

切っても切らなくても完治でなく寛解を目指すという病状の中
大切な我が子の命を預けられるかられないか。
そこに尽きると思うのです。

M先生のもとへ通院できる範囲でしたら、たとえ僅かな延命治療となったとしても
きっとすべてをお任せしたでしょう。
お話しを聞いてそう思いました。

しかしながら継続治療をM先生のもとでお願いするとなると、現実問題、引っ越すか、有羽だけを預けてしまうことになります。
闘病をしていく中、片道4時間の通院は非現実的です。。。

他、気になっていた鎮痛薬、神経症状、今後の歯の治療など、今していることが間違っていないという確認が出来、とても安心致しました。

M先生は何を聞いても真摯に気が済むまでお話ししてくださいました。
やはりお噂どおりとてもすばらしい先生だと思いました。

お話し合いの中で途中、安楽死 という単語も出てしまい、有羽の治療についてはやはり苦しい内容となりましたが、私自身が納得する為にはとても貴重で有意義な時間でした。

ふうくんが導いてくれなかったら私はこの時間をもてなかったと思います。
改めてふうくんとふうママさんに心より感謝します。
ありがとうございました。




br_c_2421_1.gif
















別窓 | you | コメント:4
∧top | under∨

さむくなったね

1216


発病前の写真。一番お気に入り*^^*


本格的に寒くなりました。
有羽の部屋は、パネルヒーターと加湿器と空気清浄機に加え、遠赤外線マイカヒーターがプラスされました。
24時間つけっぱなしで、外出中は大丈夫かなと少々不安になります。
火災がおきたら大変ですから。

まもなく前回の歯切りから3週間経ちます。
また行かなければいけない不安。

3週間の間にニンゲンは一度薬をもらいに病院へ行きました。
そのほか、色々動きました。
何件か病院へも話を聞きに出向きました。
出来そうなことはなんでも試してみます。

日曜に行った病院でびわ温灸のお話しを聞きました。
早速機械を購入し到着を待ちわびています。

腫瘍が圧迫しているのか、動かすと痛みがあるのか食事を取りづらそうな素振りを見せ始めましたので、
流動食を団子状にしていつもの食事に追加しはじめました。

腫瘍のないほうの目も、表情がありません。凝固しているのかも知れません。

それでもなお、私をみるとおぼつかない足で駆け寄ってきます。

愛しい子。

なんてかわいいんだろう。
まさに目に入れても痛くないとはこのことなのね(笑)

ゆうの目にうつった私が笑顔だといいな。
かわいいかわいい有羽。
大好き。

私の太陽だよ。


別窓 | you | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| You are my sunshine... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。